別名:アルドステロン拮抗薬

ナトリウムの再吸収を抑える働きで、利尿作用をする薬がスピロノラクトンです。

スピロノラクトンの特徴とは
人間の体内には血圧を上げる物質が存在します。
この物質の1つにアルドステロンと呼ばれる物質があります。
アルドステロンは遠位尿細管にある輸送体に作用して、ナトリウムの再吸収を促します。
アルドステロンが体内の水分を増加させ、血圧の上昇させてしまいます。

スピロノラクトンはアルドステロンが作用する輸送体を阻害する働きがあります。
そのため、アルドステロン拮抗薬とも呼ばれます。

利尿剤にも多数種類があり、その多くはナトリウムやカリウムの排泄を増加させる働きをします。
利尿剤の副作用として多いのは、低カリウム血症になることがあります。

スピロノラクトンは、ナトリウムを体内に取り込み、カリウムを尿と排泄する輸送体を阻害します。
ですので、スピロノラクトンはナトリウムの排泄を促しますが、カリウムの排泄は抑えられます。

スピロノラクトンはカリウムの排泄は抑えることからカリウム保持利尿薬とも呼ばれることもあります。

利尿剤の中でも、カリウムの排出をしないことがスピロノラクトンの特徴です。
また、他の利尿剤で起こる、糖や尿酸に影響を出さずに尿の量を増やすことができるのがスピロノラクトンです。

利尿剤は心不全の治療薬としても使用されています。
心不全によって血管内の血液の量が増加すると、血管内の圧力が高くなり、水分がそれぞれの臓器などに移ってしまいます。
水分がたまってしまう状態が浮腫(むくみ)です。mukumi

水分が溜まった状態で利尿剤を服用すると、血管内の水分を排泄させる働きで、全身に溜まっている水を排泄してくれます。
この働きにより、心不全が原因の浮腫(むくみ)を改善させてくれます。
血液の量が減少するので、心臓への負担を軽減させ、心不全の治療薬としても効果があります。

心不全による浮腫(むくみ)だけでなく、腎臓の悪化による浮腫(むくみ)や肝臓の悪化による浮腫(むくみ)などもスピロノラクトンは効果を発揮してくれます。

このような利尿作用により、高血圧や浮腫(むくみ)を改善する薬がスピロノラクトンです。